クルマに乗る方ならば分かっていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。そしてこれは所有車買い取り時に一般的に還ってくる税金なのです。これって現実に実行したら簡単に分かりますがこれからはじめから順に詳細に案内します。念のため補足しておけば国産販売されている車のみが対象ではなくイタリア車などでも税金が返還される対象になってきます。これは所有車もそうですね。自動車税は車を所有している人が支払う税ですが自動車の排気量の大きさにより決定されます。1リッターより低いのであれば29500円となり1リッターから1.5リッター以下までなら34500円になります。その後は500ccずつ5000円ずつ増えていきます。この金額は4月1日時点の所有者が、今年度の自動車税を納める決まりです。つまり先払いということですから、勿論ですが自動車を売却して所有者でなくなった時は前払いした分の税金は戻ってくるというわけです。この税の場合は前払いで来年3月までの全額を払いますから、その翌年3月までの間に自動車を買い取ってもらった場合には新しい保有者がこの税の納付義務を負うということです。売却先が専門店なら、引き取り時に支払いすぎた金額を返還してくれます。つまり、所有者でなくなった時以後の自動車税は新たな保有者が納付義務を負います。例えば自分が10月の間に自動車を引き取ってもらった際は11月から次の年の3月いっぱいまでの自動車税は戻ってくるのです。というのは前述の通り自動車税の場合は前払いであるという決まりからもわかります。まとめるとあなたは売却先に払いすぎたお金を返してもらうということなのです。業者を介さずに車を引き取ってもらう場合には結構このような大切なことを忘れている人が見受けられるのできちんと忘れないようにしなければなりません。自動車税がクルマを売った際に返金されることを意外に知っている人がいないからと言ってその事実を隠す業者もあるのです。こちら側から税金についての話題を出さなければ、完全に返金のことには触れないというケースも聞かれます。ですからクルマの買い取りをお願いする場合は払いすぎた税金が返ってくるか否かを確認することを怠らないようにする必要があります。